リモワの代表的ケースとは何か

リモワの代表的商品はポリカーボネート製ケースよりアルミ製モデルで、このスーツケースを多く世に出してるトパーズシリーズは1950年に初登場。

 

今でもその人気を衰えさせることなく長い歴史で変わらない魅力で人を引き付けています。アルミ製で重量があって持ち運びに苦労します。

利便性などに関しポリカーボネート性の方が高く、アルミ製のものを持ち運ぶメリットはそこまでありません。機能性ですが、サルサデラックスが同等の位置で明るさはサルサエアーに圧倒的に巻けています。

何がいいのかと言えばトパーズシリーズには見た目です。綺麗なクラシカルな輝きあるボディは芸能人も虜にしてしまうほど。使い込むほど傷ができてる部分も見方を変えるといいところとして数えられます。

傷隠しステッカーを張っていくうちほかにないオリジナルケースが完成。傷をデメリットと見る人に向かないものですが、旅行の思い出をカバンと一緒に感じたければうってつけです。形状に関しトパーズシリーズはほとんど違いがなくてカラーだけで決めても問題ありません。重量も一緒。アルミ製でみんな一緒で、トパーズシリーズと一緒にしていけないモデルもあり、クラシックフライト。

これもトパーズシリーズと一緒のアルミ製ケースで、革巻きの持ち手や歯科浮き丸みが少ない形状はレトロさを感じさせます。内装はベージュ生地があしらわれていて、飛行機の詩集が入っていて、おもたいトパーズシリーズとちがい2キロほど軽い重さがこのケースの評価されているところです。